給与計算も外注する時代|業務効率を良くしたいならワークフローを導入|システムで環境改善

業務効率を良くしたいならワークフローを導入|システムで環境改善

給与計算も外注する時代

男女

その給与計算で大丈夫かな

一般に事務職は月末は火の車のごとく忙しいというのが定説となっています。中でも月次の給与計算などは、時間はない上に間違えられない究極の懸案事項となっていて正に、「止めることのできない」「間違えることのできない」業務です。しかし、世の中、便利になったもので給与計算アウトソーシングを行う会社が有ります。給与計算アウトソーシングは、給与計算代行とも呼ばれていて、その形態も様々です。自社のニーズや予算に合わせて選ぶことが可能で、給与計算システムの運用を受託して、給与計算システムの機能のみを提供するものから、給与計算業務を限定的にカスタマイズして受託する限定型のサービスに加え、給与計算業務の前後工程までも網羅したフルサービス型まで有ります。最近は、システムの提供や限定サービスではなく、給与計算業務を丸ごと委託するフルサービス型が主流となっています。給与計算アウトソーシングは、その道のプロが専用ソフトを介して行うので専門性の高いサービスが期待出来、更には自社作業よりも効率的で低コストが実現できます。プライバシーマーク取得済みの業者であれば個人情報の取扱いも十分で安心して任せられます。

給与計算業務委託のツボ

給与計算アウトソーシングを行う企業は、大小様々、数え切れない程有ります。どこを基準に選べば良いかは、中々分かりません。まずは価格のみでなく費用対効果を考えなくてはいけません。大前提として、同様の給与計算業務を行った場合に、自社作業よりも低コストであることが必然となります。更に、自社で行う以上に融通がきくこと、つまりは提供する給与計算アウトソーシングサービスの内容が細分化されていて、自社に合うようにカスタマイズ出来ることも大切となります。それらに加えて、情報社会で機密事項を扱う訳ですから最低でもプライバシーマーク付与事業者及び同等レベルの高いセキュリティ管理を行っていることは必須項目です。当然ながら最新の法改正に対応していること、必要に応じて人事・労務のプロフェッショナルと連携していることも言わずもがなです。給与計算アウトソーシングでは、最低限これだけというのではなく、最適で最上級のサービスの提供こそが導入の条件と心得る必要が有ります。