自社内か外部委託か|業務効率を良くしたいならワークフローを導入|システムで環境改善

業務効率を良くしたいならワークフローを導入|システムで環境改善

自社内か外部委託か

社内

外部委託なら専門部署不要

会社には、それぞれの業務を行う人材、部署が必要です。営業を行うのは営業部ですし、経理を行うのは経理部になります。人事給与の担当を行うのは、人事部になります。大手会社の場合、従業員の数も多く、採用活動なども行っていますが、小さい会社となるとあまりいません。その時に人事部を作って行うのは効率が悪くなることがあります。小さい会社で人事給与の管理をするなら、外部委託をすることで効率を良くできる場合があります。計算を主に行うところから、社会保険労務士の事務所などで請け負ってくれます。必要な情報を委託先に送ると、計算であったり、給与明細などを出力してくれます。社労士であれば、労務問題のアドバイスなども受けてくれます。

ソフトを使って自社管理

会社内には多くの情報があります。それらは基本的には自社で管理をしていますが、場合によっては外部委託に出すこともあります。当然外部に情報が出るので、不安になることもあるでしょう。人事給与に関する情報は非常に重要なことから、あまり外部に委託をしたくない場合があります。この時には、人事給与のためのソフトを使って自社で管理を行います。自社で行うときは、一定の知識を持った担当者が必要ですが、ソフトを使うことで楽に管理をすることができます。ただ、まったく知識を持った担当者が不要なわけではありません。年末調整や、源泉徴収、社会保険料の計算などある程度の知識が必要です。経理の担当者などが兼務することで行える場合があります。